長野市で和風住宅を建てるなら建築工房アカシヤへ。注文住宅 工務店 設計事務所

アカシヤの家づくり

HOME > アカシヤの家づくり

伝統の日本家屋

アカシヤの家は和風建築に携わってきた職人が集い、建てられています。
骨組みをつくるのは大工、壁塗りは左官職人、
襖や扉は家具職人、そのほかにもたくさんの職人が集まり、
息を合わせることを大切にしています。
個性を出すのではなく、日本古来の伝統的工法を忠実に守りながら
ひとつの家をつくり上げていきます。
お客さまの声を施工者自ら直接お聞きし、その手に十分反映させながら、
お客さまと一緒に希望に適った住まいをつくりあげます。
快適で暮らしやすい、ご家族が悦ぶ安心で幸せな住宅を提供していきます。


アカシヤの家は健康住宅

近年の住宅は伝統的な住宅建築が少なくなり、機能性に優れた高気密高断熱の住宅が増加しています。
気密性や断熱性をあげることは、ライフサイクルコストを下げ、環境に配慮した住宅ではあると思われますが、私たちはそれによる弊害もあるのではないかと懸念してしまいます。

近年、シックハウス症候群による、頭痛やのどの痛み、呼吸器疾患、湿疹、倦怠感などが取り立たされる理由のひとつが、過剰な気密性能と断熱性能の向上に関係があるのではないかと感じています。
化学物質になるべく頼らずに、無垢素材や天然素材を使用することで家そのものが自然に呼吸するために、シックハウス症候群の元となる化学物質が室内にこもることなくクリーンな室内環境を保つのではないかと考えています。



アカシヤの家は木組みを大切にします

近年の住宅建築は建築金物と呼ばれる特殊な金物を多用する構造になりつつあります。その背景にはプレカット(コンピューター制御の全自動加工機による刻み)の普及があります。
木組みとは文字通り複数の材木を組みあげることを指します。木組みには絶対的な正解がなく、さまざまな要因で各々の箇所での木組みが決定されます。

そんな中で私たちの家づくりは、自分たちの手で構造材となる材木に触れ、墨をつけ刻むといういままで大工が長年培ってきた方法を時代遅れになるかもしれませんが実行しています。
プレカットでは対応しづらい長ほぞ込み栓打ちや追い掛け大栓継ぎ、渡りあご、車知栓継ぎなどの加工も積極的に取り入れながら、お客さまの家づくりの需要の中で伝統的な木組みを施した家づくりを提案させていただいています。



アカシヤの家づくり建築ギャラリー